脱毛の痛みについて脱毛方法別に解説します

脱毛の痛みと効果的な対処法

 

脱毛サロンに通うときに、一番心配なことは何ですか?

 

『痛くないか』
『費用が高くないか』
『脱毛の効果がちゃんとあるか』

 

人によってが心配なことは様々です。
このサイトでは脱毛サロンの痛みについて特集したいと思います。

 

あなたは脱毛をするときの『痛み』が心配ではないですか?

 

どんなに脱毛をしたくともあまり痛いと長続きをするか心配です。
今人気の、全身脱毛などは一般的に脱毛完了までに1年〜2年かかります。
そんなに長期間の脱毛が続くのだろうか・・・

 

どうしても痛みが強いと継続できるか考えてしまいます。
特に脇脱毛やVIO脱毛などデリケートゾーンの脱毛などは痛みが強く出るので
やはり、出来れば痛くない脱毛があれば嬉しいですよね。

 

 

脱毛は脱毛方法によって痛みが違う
脱毛にはニードル脱毛や医療脱毛、脱毛サロンの光脱毛など様々な種類があり
どれを選ぶかで、当然痛みが違ってきます。

 

ここからは各脱毛方法の特徴について解説します。

 

1.ニードル脱毛・・・毛穴一つ一つに針を差し込み焼き切る脱毛方法。
『完全なる永久脱毛』ですがとにかく『痛い』『費用が高い』のが特徴。

 

2.医療脱毛・・・クリニックなどの専門医療機関で行う脱毛方法。
レーザー脱毛と呼ばれ、医師のみが施術出来る医療行為です。
こちらも永久脱毛の一種ですが、完全とは言えず、脱毛完了後多少のムダ毛の再発もあります。
レーザーの光が熱に変わる、熱反応という性質を利用して毛根や毛を破壊して脱毛するので
かなりの痛みがあります。

 

3.光脱毛・・・一般的な脱毛サロンで行われている脱毛方法。
大きく分けてIPL脱毛とSSC脱毛の2種類があります。

 

IPL脱毛・・・レーザー脱毛と同じ原理で脱毛する方法。
レーザーより出力が弱い光を使うので脱毛の効果はレーザーより弱いのですが
『レーザー脱毛より痛くない』のが特徴です。

 

SSC脱毛・・・ビーンズジェルというSSC脱毛専用のジェルを肌に塗り
その上からクリプトンライトという特殊な光を照射する脱毛方法。
IPL脱毛より肌に優しく、さらに痛みが少ないのが特徴。
産毛などのレーザー脱毛・IPL脱毛が苦手な毛にも効果がありますが、
全体的な脱毛効果はIPL脱毛のほうが比較的効果が高いと言われています。

 

 

 

痛みをできるだけ感じないためのポイント

 

1.しっかり保湿をする

 

乾燥していると照射時の痛みを強く感じてしまいます。
そんな時は「少し出力弱くしてください…」なんてお願いすることもできますが、
そもそも、肌が乾燥していると、照射される光やレーザーが毛穴の奥まで届きにくくなり、
脱毛効果が低下してしまいます。

 

あまりに肌の状態が良くない場合は、脱毛によるダメージを最小限に抑えるため、
機器の出力を下げなくてはいけないこともあります。
出力を弱めると当然脱毛効果も落ちてしまいますから、肌の潤いを保つことはとても重要なのです。

 

 

2.日焼けは絶対にNGです。

 

光脱毛やレーザー脱毛光は肌のメラニンと呼ばれる黒色の濃い部分に反応するようになっているので、
日焼けによって肌が黒くなると広範囲に反応して散ってしまい、効果が半減してしまいます。
また、日焼けした肌には『痛みが強く出る』傾向があります。

 

こんがり肌を焼きすぎするとせっかく1カ月に一度の脱毛も施術自体ができなくなってしまう
こともあるので、注意が必要です。

 

 

 

とにかく痛みがない脱毛ならこちらがおススメ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ストラッシュなら最新のSHR(スーパーヘアリムーバル)脱毛

従来の光脱毛と全く違う『痛くない脱毛』を実現。

さらに2週間に1回の間隔で全身脱毛1回分の脱毛が出来るので

最短で脱毛完了。痛くなく完了まで最短で脱毛が出来ます。

 

 

 

自宅でのセルフ脱毛は止めましょう
自宅で家庭用の脱毛器を使って脱毛するのはかえってマイナスです。

 

毛には「毛周期」という生え変わるサイクルがあります。
毛周期には成長期、退行期、休止期という3つの周期に分かれていて、
光脱毛やレーザー脱毛では毛周期の『成長期』の毛をピンポイントで狙い撃ちします。

 

成長期の毛は黒色が濃く毛根に強く根付いている状態で、
この状態の毛にしか脱毛の効果が期待できないのです。

 

退行期、休止期の毛は黒色色素が薄いため、
光やレーザーを照射しても毛根にダメージを与えることはできません。

 

もし、自己処理で毛を抜いてしまうと、毛穴の中にレーザーや光が反応する色素が無くなるので、
毛周期に狂いが生じていつまで経っても脱毛が完了しない悪循環に陥ってしまうのです。

 

脱毛サロンの料金プランは最近とても安価になってきています。
中途半端な自己処理でかえって悪化するより
プロの専門家にしっかりお手入れをしてもらったほうが結果的に短期間に美しくなれるのです。

 

 

 

脱毛の痛みと効果的な対処法

 

脱毛の痛みが怖い時の対処法・・・出来ることがあったら参考にしてください。

 

●痛みが少ない光脱毛を選ぶ

 

レーザー脱毛と光脱毛とを比較すると、光脱毛の方が一般的に痛みが少ない場合が多いです。
また、店舗によっても傷みが違うのであらかじめスタッフに聞いてみると良いでしょう。
光脱毛でもSSC脱毛のほうがIPL脱毛より肌に優しく痛みが少ないと言われています。

 

一般的に最新の機械を使っているところは痛みが少ない傾向にあるので
出来るだけ新しい店舗や最新の設備が整っているサロンに行くと痛みが少なくてすみます。

 

●睡眠をしっかりと

 

睡眠をしっかりととり体調を万全にしておくことも痛みを軽減する事は非常に大切です。

 

何故なら二日酔いや風邪気味のときは痛みが強く感じられるからです。
施術をすると決まった日周辺は体調を整えて身体を万全にしておくことが重要です。

 

●保湿をする

 

肌が乾燥していると痛みが強く感じてしまいます。
そのため、施術する箇所はしっかりと保湿をしてお肌を潤わせておきましょう。
施術する前の日は特にお風呂に入った後保湿クリームをしっかりと塗り肌を乾燥させないようにしましょうね。

 

●鎮静剤を飲む

 

これは、どうしても痛みが苦手な人の最終手段ですが、
脱毛する少し前に鎮静剤を飲むことで痛みを感じにくくなり、痛みが軽減されるといいます。
しかし、鎮静剤という薬を飲むため念のため施術者と相談した方が確実でしょう。

 

このように、自分で痛みを軽減する方法を紹介しました。やはり、脱毛をするのだからまったく痛みがないというわけにはいかないですよね。中には痛みが怖くて脱毛をしたくても出来ないという人もいます。そいういう場合は自分の不安をスタッフの人に打ち明けて相談してみると良いでしょう。痛みが怖いといえばそれなりに対応してくれますよ。そのためにもスタッフの人ときちんとコミュニケーションを取って信頼できるお店を探しましょう。

 

 

まずば脇脱毛から!!という方はコチラのサロンがおススメ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

とにかく格安で、気になる部分だけを脱毛したいのなら

全国展開でおなじみのミュゼプラチナムがおススメ